医療情報サイト|京都

医療情報サイト

トリコモナス症

トリコモナス原虫という寄生虫が性行為により感染します。

男女ともに感染する可能性がありますが、女性の方が男性よりも症状が出ることが多いです。

症状

女性では、膣内に炎症を引き起こすことが多く、その結果、膣分泌物の増加、悪臭のある泡立つおりもの、膣や外陰部のかゆみ、排尿時の痛みなどが現れます。

男性では、無症候であることも多いですが、分泌物、排尿時の痛みなど尿道炎の症状が見られることもあります。

検査

膣分泌物や尿道分泌物を検体として、トリコモナス原虫を直接確認する顕微鏡検査や、PCR法による遺伝子検査を行います。

治療

メトロニダゾールの内服薬で治療します。

また膣錠を使用することもあります。

感染者のパートナーも同時に治療を行うことが推奨されており、再感染の防止に努める必要があります。